前立腺肥大

前立腺肥大がとても気になります

前立腺肥大とは、前立腺が大きくなり、尿道を圧迫し、尿の通りが悪くなることを言います。
尿の通りが悪くなれば当然、さまざまな不具合が引き起こされます。
そもそも前立腺とは、膀胱のすぐ下にある、精液をつくるためのはたらきをする器官のことです。
前立腺の中を、尿道が通っています。

 

 

前立腺と尿道は一蓮托生であり、両方がスムーズに機能してこそ、健康が維持されます。
前立腺肥大とは、腫瘍の一種とも言えます。
ただ、前立腺がんとは異なります。 

 

 

 

前立腺肥大になると、排尿の際に障害が起こります。
お腹に力を入れないと尿が出なくなります。

 

 

また、前立腺が大きくなり、細くなった尿道を通そうとするため、膀胱に負担がかかります。
膀胱の神経は、過敏状態になります。
全部出しきれず、残尿となったりもします。
トイレの回数が増えたり、行ってもますぐ行きたくなったり、尿漏れしたりします。 

 

 

 

しかし、このような症状が現れるからと言って即、前立腺肥大であるとは断定できないのが難しいものです。
というのは、特に病気がなくても、加齢とともに排尿の回数がふえたり、尿の勢いが減退するのはよくあることだからです。
また、前立腺のこぶは、多かれ少なかれ、ほとんどの中高年男性にあるものです。
ここがやっかいなところです。 

 

 

 

気になる場合は、専門的な検査を受けて見ると良いでしょう。
この病気でなくても、同じような症状が起こることもありえますから、
体の不調を明らかにするという意味でも、検査は意味があります。

 

 


>>>頻尿地獄 狂おしい残尿感が改善した体験談はコチラのページで紹介