前立腺がん

前立腺がんの兆候

前立腺がんとよく混同されるのが、前立腺肥大です。
前立腺は、膀胱のすぐ下にあり、精液をつくる臓器です。
前立腺の中を尿道がとおっています。

 

 

前立腺肥大は、この臓器にこぶができてしまうことをいいます。
こぶができると、尿道も圧迫されるので、尿の通りが悪くなったり、膀胱に負担がかかったりします。
両者は同じ「腫瘍」の仲間ですが、同じ臓器の中にできる腫瘍でも、構造が違います。
肥大症は、より尿道に近いほうの組織にこぶができます。
良性の腫瘍です。

 

 

周囲の組織を少しずつ押しのけるように大きくなります。
前立腺がんはまったく異なります。
攻撃的な異常な細胞が発生し、集団で組織を破壊したり、転移します。 

 

 

 

気になる症状がある場合は、前立腺がんかどうか調べていると良いでしょう。
前立腺特異抗原(とくいこうげん)の量を測定することにより、判断されます。
前立腺肥大かどうか検査を受ける場合は、がんかどうか確かめるために、
前立腺特異抗原の測定が行われる場合が多いです。 

 

 

 

腫瘍が大きくなっていくに従い、尿の出が悪くなったり、回数が多くなったりします。
しかし、これはほとんどの中高年男性に見られる一般的なことであるというのが悩ましい点です。
「年だから、仕方ない」と見逃されてしまうことも多いです。

 

 

しかし、がんを放置しておけば、周囲の細胞を破壊し、
転移し、取り返しのつかないことになってしまいます。
安易に自己判断せず、早めに診断することをおすすめします。

 

 

と言っても、仕事の都合で時間がなくて、病院に検査に行くことができない、
またちょっと恐くて 病院に検査に行く勇気が、まだ無い...
もしかしたら、今はちょっと金銭的に病院で検査するのは、キビシイ
...と言う方も多いと思います。

 

 

そんな方のために、なんと自宅で簡単に前立腺検査が出来てしまう
前立腺検査キットがあります。郵送するだけなので、楽チンです。

>>>自分でできる郵送検診申込セット 前立腺がん
↑↑↑
病院にに行く前の、自分でできる前立腺がんの検診申込セットです。
少量の血液から前立腺特異抗原(PSA)を測定し、
前立腺がんの可能性をチェックできますよ。