夜間頻尿

夜間頻尿について詳しく教えます

夜間頻尿とは、夜の間の尿量が増加することをいいます。
入眠してから、起床するまでの間に2〜3回以上の排尿があることを言います。
通常、水分摂取を控えることにより、尿量も減るので、排尿回数も少なくなります。
これにより夜間頻尿も改善されると考えられています。 

 

 

原因としては、まず生理的なものが考えられます。
加齢により、腎臓の尿濃縮力の低下が考えられます。
濃縮力の低下により、尿量が増えます。

 

 

それにつれて、排尿回数も多くなります。
アルコール、コーヒーなど、利尿作用がある飲み物を、遅い時間に飲むと、尿量がふえます。
従って、夜間にトイレに行きたくなりがちです。 

 

 

尿路以外の臓器の疾患や、全身性の病態から、症状が引き起こされることもあります。
心臓の機能が低下すると、むくみがおこります。
横になると、腎臓への血流量が増え、尿量も増加します。 

 

 

 

夜間は抗利尿ホルモンの分泌が、昼間に比べて増えます。
この分泌リズムが崩れたり、分泌障害が起こったりしても、多尿となります。
糖尿病は多飲多尿で知られます。
多尿による頻尿は、1回の排尿量は減らず、昼間の尿量も増加するのが一般です。 

 

前立腺肥大により、症状が引き起こされることも多いです。
前立腺や膀胱など、下部尿路の疾患があると、1回の尿量が減ります。

 

 

前立腺は、膀胱からの出口を囲むようにして配置されています。
前立腺が大きくなると、膀胱にも影響を及ぼし、排尿がうまくいかなくなります。
寝ているときに、おしっこにいきたくなるのは、前立腺肥大の初期症状です。

 

 


>>>55歳の頻尿地獄に苦しんでいたオヤジが改善した体験談はコチラ