PSA検査とは

PSA検査とは?怖がらずに早めに検査を受けませんか?

日本人の死因で高い割合をしめるのががんであり、男性では前立腺がんの罹患率がもっとも高い割合になっています。
PSA検査とは、前立腺がんを早期発見するための検査です。
前立腺は、膀胱のすぐ下にある臓器で、精液をつくる役割を果たしています。

 

 

尿道は前立腺の中を貫いて通っています。
PSA検査とは、前立腺特異抗原の値を調べることです。
前立腺から分泌される物質のひとつです。

 

 

 

本来なら、前立腺から精嚢中に分泌され、精子が体外に放出される際、連動性を高めるのが役割です。
精嚢内のたんぱく質を分解します。
健康な男性なら、血液中にPSAが進出することはめったにありません。
しかし、前立腺に疾患があると、血中にPSAが浸出します。

 

 

 

血液検査により、この値を調べることで、前立腺疾患の有無を調べられます。
健常者なら濃度は0.1ng/ml以下ですが、前立腺疾患患者なら40ng/mlと40倍以上の濃度となります。 

 

 

 

この検査が行われることにより、前立腺がんの早期発見、治療が可能になりました。
PSA4〜10ng/mLなら、前立腺肥大と前立腺がんを正確に判別することはできません。
かわりに、f/T比が用いられます。
f/T比が高いと肥大症、低いと前立腺がんの疑いがあります。 

 

 

 

健診でPSA値が高いと診断されても、すぐに前立腺がんと決まったわけではありません。
最終的には前立腺肥大と診断される割合の方が圧倒的に高いです。
まずは信頼できる専門医を受診し、相談してみましょう。

 


>>>頻尿地獄 狂おしい残尿感が改善した体験談はコチラのページで紹介