PSA検査 女性

女性もPSA検査を受けたほうがいいのですか?お答えします

psa検査は男性特有の検査と思われていますが、実際に女性がpsa検査を受けて、
女性前立腺がんが発見されており、その数は25例に及ぶとされています。

 

 

 

前立腺のタンパク質の事である以上女性には無縁のように思えますが、女性も前立腺を持つ事が、
今から遥か昔の17世紀にある組織学者により発見されています。
女性前立腺と言われていますが、厳密には尿道平滑筋層内のスキーン腺をこう呼んでいます。
尿道を取り囲む組織で、この組織の中にPSAが確認されています。

 

 

現在はpsa検査を50歳以上の男性にのみ推奨していますが、女性にも前立腺がんが発見されている事から、今後女性にもpsa検査を受けるよう推奨していく可能性は十分にあり、監査が一般的になれば、もっと多くの女性前立腺がんが発見されると考えられています。

 

ただ現段階では女性は前立腺がんにならないという考えが根強く残っており、女性が受けるべきはpsa検査ではなく、女性特有の乳がんや子宮がん検査だと言われています。
もちろん女性は女性特有のがんのリスクも考えておく必要はありますが、女性にも前立腺がんのケースが確認されている以上は、何らかの対策は必要で
しょう。

 

 

 

女性特有と言われる乳がんは男性にも発症例があるのと同じで、女性の体内にもPSAが存在している以上は、前立腺を持たない女性でもがんを発症するリスクはあります。必ずなるとも限りませんが、絶対にならないという保証もないので、可能性やリスクがある事は覚えておきましょう。

 

 

>>>頻尿に効くサプリメント