頻尿を漢方薬で治す

頻尿を漢方薬で治すことができますか?

頻尿の治療に漢方薬を使う事も少なくありません。
頻尿の原因はひとつとは限らず、複合する事もあります。
原因によって治療法も異なりますが、
初期の段階であれば市販薬や漢方薬でも対処できます。

 

 

 

男女ともに加齢が原因で起こる頻尿がありますから、
40代以降にトイレが近いと感じるようになったら、頻尿の可能性を疑ってみましょう。
市販薬の中にも漢方を使った物はいくつかあります。

 

 

 

ただし漢方薬の場合は医薬品のように即効性はありません。
ゆっくりと時間をかけ体質を改善し原因を解消していく物ですし、
体質によって合う漢方薬も変わってきますので、症状によっては専門医の指導が必要となります。
初期の段階であってもしばらく服用しても、改善が見られない場合は病院に行き医師に診てもらいましょう。

 

 

 

 

 

頻尿に取り入れる漢方薬は、八味地黄丸、補中益気湯、当帰芍薬散が一般的です。
八味地黄丸は腎臓機能をサポートする効果が有名ですが、
膀胱炎や前立腺肥大など頻尿の原因となる症状の治療に使う事もあり、
市販薬では最も多く使われています。
当帰芍薬散は残尿感のある頻尿の症状緩和、
補中益気湯は尿道括約筋のサポートとして取り入れる事ができます。

 

 

 

 

 

漢方薬なら副作用のリスクも少なく、市販薬でも高い効果が期待できる物があります。
病院でも処方してもらえますが、待ち時間の長さや、治療費がかかるなどの理由で、
市販薬で済ませてしまう事もあります。
それで改善されればいいのですが、改善されない場合は悪化する可能性が高いので、
早めに病院を受診する事をおすすめします。

 

 

 

特に漢方薬は症状や原因に合わせて正しく使用する事が大切です。
効果を実感するまでには時間もかかりますし、
個人差も大きくなるため専門医の指導の元取り入れるのが理想です。

 

 

 

 

頻尿は漢方薬でも治せますが、個人差がある事も覚えておきましょう。
頻尿をきちんと治療をするには漢方以外にも、生活習慣の見直しなど幅広い対応が必要となります。

 

>>>頻尿に効くサプリメント