過活動膀胱

過活動膀胱について詳しく教えます

過活動膀胱とは、急にガマンできないような尿意が起こったり、
ガマンできずに尿が漏れてしまうことがある、などの症状のある病気です。
過活動膀胱の患者は増えているという調査結果があります。 

 

 

脳と膀胱を結ぶ神経トラブルによる神経因性のものと、
それ以外の原因で起こる、非神経因性のものがあります。
神経因性の場合、脳卒中や脳梗塞などの脳血管障害、
パーキンソン病などの脳の生涯、あるいは脊髄の障害の後遺症により、
脳と膀胱の筋肉を結ぶ回路に障害が起こります。

 

 

 

膀胱に尿が溜まっていないのに、「溜まっているよ」という信号が送られてしまったりします。
また、「まだ出してはいけないよ」「もう出してもいいよ」という信号が、うまく送られなくなったりします。
まだ少ししか溜まっていないのに、尿を出そうとしてしまったり、締めたり、緩めたりといった連携がうまくいかなくなります。 

 

 

 

非神経因性のものは、骨盤底筋のトラブルによるものがあります。
女性の場合、加齢や出産により、膀胱や子宮、尿道を支えている骨盤底筋が弱くなります。
排尿のメカニズムがうまくはたらかなくなり、病気が発症します。

 

 

 

それ以外の原因で膀胱の神経が過敏になってしまったり、
原因が特定できない場合もあります。
加齢が原因であることも多いです。

 

 

 

まずは医療機関を受信しましょう。
初診時の問診で、どのような症状で困っているのか、具体的に伝えましょう。
過活動膀胱スクリーニング質問票などを通じ、該当するかどうか診断していきます。
検査も行われます。

>>>55歳の頻尿地獄に苦しんでいたオヤジが改善した体験談はコチラ