頻尿と妊娠の関係

頻尿と妊娠の関係についてズバリお答えします。

女性は、妊娠や出産による頻尿があります。
これは加齢が原因の頻尿とは違い、ホルモンバランスの変化と、
子宮が大きくなる事で起こる膀胱の圧迫が原因となります。
妊娠中は膀胱炎を併発しやすいのも特徴です。

 

 

 

妊娠する事で起こるホルモンバランスの変化は、尿道括約筋を緩める原因になります。
このため尿道に最近が入り込みやすくなり、膀胱炎のリスクが高まるのです。
さらに赤ちゃんの成長とともに子宮が大きくなり、膀胱を圧迫するようになるため、頻尿になりやすいのです。

 

 

 

妊娠初期は頭痛や吐き気など、妊娠が原因で起こる様々な症状があります。
実は頻尿もその一つとなるため、血尿が出ていない限り特に問題ありません。
妊娠中期には子宮が大きくなり膀胱を圧迫し始めます。

 

 

 

これは妊娠後期まで続きますが、膀胱炎を併発しやすいので、
トイレを我慢したり、水分を摂らないようにしたりせず、妊娠中でも治療はできますので、早めに病院に行きましょう。
妊娠中期に起こる頻尿は早産の兆候である可能性もありますので、念のため病院で診てもらいましょう。

 

 

 

 

妊娠による頻尿は誰でも経験する事です。
一般的には日中8回以上トイレに行く、夜中1回以上トイレに行く事を頻尿としていますが、
妊娠中はホルモンバランスの変化に加えて、子宮が大きくなるため頻尿になるのは仕方ない事です。
血尿がなければ問題ありませんが、余りにもひどく日常生活に支障が出るような場合は早めに病院に行き医師に相談してください。

 

 

 

 

家にいる時も尿漏れが気になるようなら、尿漏れパットやナプキンで対処する事はできます。
寝る時に不安なら、尿漏れパットを使ってみましょう。
妊娠が原因の頻尿や尿漏れは、産後時間が経過すれば改善されていきます。
実際に尿漏れパットを使っている人は多いので、恥ずかしがらずに医師に相談して、適切に対処する事が重要です。
頻尿で睡眠不足になると赤ちゃんにもストレスが影響してしまいます。
こういう時は大人用のおむつを使うのも対処法のひとつです。

 

 

 

>>>頻尿に効くサプリメント