psa検査を受ける頻度を教えます

psa検査を受ける頻度について

psa検査は1度受けたら終わりではありません。
早期発見と早期治療を可能にするためには、頻度を1年に1回にするのが良いとされています。
ただしpsa検査の結果により3年に1度のペースでもOKとなっています。
検査結果でPSA値が1.0以下の場合は、3年に1度、1.0から基準値までは1年に1度、基準値以上の場合は
専門医による検査が必要とされています。

 

 

 

前立腺がんのリスクは年齢を重ねるにつれて高くなっていくので、50歳から64歳までは3.0以下、65歳から
69歳までは3.5以下、70歳以上は4.0以下と基準値も変わっていきます。
このため数値によって1年に1回、3年に1回の検査はとても重要になります。

 

 

 

定期的にpsa検査を受けている人で、前立腺がんが発見された人の6割は早期発見ができています。
しかしなにか異常があってから外来で受診した場合、その4割に転移がんが見つかっていますから、定期検
診の重要性も数字を見れば理解できます。

 

 

 

検査は採血だけですし、検査費用はそれほど高くありませんから、定期的にpsa検査を受けていきましょう。
泌尿器科がある病院なら大抵PSA検査ができます。

 

 

>>>頻尿に効くサプリメント