前立腺を取ってしまうとどうなる?

前立腺をとるとどうなるのか知っていますか?

男性のみの臓器である前立腺ですが、
例えば前立腺を取ってしまうとどうなるのでしょうか?
そもそも前立腺とは生殖器の1つであり、
取ってしまっても生命維持には何ら問題がありません。

 

 

しかし生殖活動をするには必須の臓器でもありますので、
性機能に大きな支障が出てしまうと考えて良いでしょう。

 

★前立腺をとるとどんな症状がでるの?

 

前立腺がんなどにより摘出を選択しなくてはいけないことがあります。
先述したように前立腺は生命維持については関係のない臓器ですので、
その点だけを考えれば何の問題もありません。

 

 

 

しかし、生殖機能が低下してしまうことは否めませんし、
他にも様々な症状が出てしまうようです。
最も代表的なものとしては尿失禁があります。

 

 

 

尿失禁とは自分の意思とは関係なく、
尿が漏れてしまう症状のことで、
前立腺の摘出を行うとほぼ起こると考えて良いでしょう。

 

 

 

ただし、術後1年程度で9割の人が回復をするようですので、
尿失禁が起こっている間はパッドなどで対応していく形です。
性機能障害としては精液を作ることができなくなります。

 

 

また、射精をするのにも前立腺は必要な臓器ですので
射精することができなくなるそうです。
ただし、近年では医療技術の進歩により前立腺を覆う神経の中でも
勃起を司るものを残せるようになりました。

 

 

★前立腺をとった後の性機能障害は回復するの?

 

何度も書いていますが前立腺は男性生殖器の1つであり、
生殖器の中では重要な役割を持っています。
ですので、前立腺を取った場合の生殖機能はかなり低減してしまうのです。
仮に勃起をする神経を残したとしても、術前と同じように回復するとは限りません。
多くのはED治療薬などを使いながら様子を見ていく形です。

 

 

もともと前立腺を摘出するような手術は、
加齢によって起こるケースが多いので、
そこまで生殖機能にこだわりを見せる人は少ないかもしれません。
しかし、若年層でも摘出をする可能性はありますので、
その時の年齢によって様々なケースを考えておく必要はあるでしょう。

 

 

>>>頻尿に効くサプリメント