間質性膀胱炎

間質性膀胱炎について詳しく

間質性膀胱炎は、慢性膀胱炎の一種です。
上皮と筋肉の間にある間質が、慢性的に炎症を起こしてしまっている状態です。
女性に発症することが多いです。膀胱炎の中でも、症状が重いです。 

 

 

 

症状としては、頻尿や残尿感、排尿後の痛み、不快感などがあります。
細菌性の膀胱炎と似ています。

 

 

細菌感染が原因なら、抗生物質や抗菌性により、症状は改善されます。
しかし間質性膀胱炎の場合、抗生物質や抗菌剤では治りません。
尿検査をしても、細菌はみられません。 

 

 

 

間質が炎症起こすと、膀胱の筋肉が萎縮します。
膀胱が膨らまず、正常時の半分以下の量しか、尿を溜められません。
尿が膀胱にたまると、炎症により、痛みが引き起こされます。

 

 

 

病院を受診すると、急性膀胱炎の症状があるため、抗生物質を処方されたりします。
また尿検査で細菌がみられないと、精神的なものからくる膀胱炎と診断されることもあります。
いずれにしても、多くの場合、関節制膀胱炎と診断されるまで、長い時間がかかってしまいがちです。 

 

 

 

この病気は、1日のトイレの回数が20〜50回以上になり、尿が少しでもたまると、下腹部が傷みます。
このような症状がある場合は、早めに医療機関を受診し、その際できるなら、この病気である可能性も相談してみましょう。
膀胱炎の診断は、膀胱鏡で膀胱の内部を診て行われます。

 

 

 

カウンセリングで、自分の悩んでいることを、素直に相談してみることが必要です。
セカンドオピニオンも受けて見る必要があるでしょう。

 

 


>>>55歳の頻尿地獄に苦しんでいたオヤジが改善した体験談はコチラ